メタボリックシンドロームって何?

メタボリックシンドロームって何?

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは、生活習慣病の発症前の段階です。内蔵脂肪型肥満によって、血糖値や血清脂質、血圧などの複数の検査値に異常が現れている状態です。それらの異常はすべて動脈硬化を促す原因ですが、ひとつひとつを個別にみれば軽度の異常にすぎず、自覚症状も全くありません。しかし、放置していると、動脈硬化が速く進んでしまいます。近年、メタボリックシンドロームが強く疑われるものとその予備軍と考えられるものを合わせた割合は、男女とも40歳以上では高く、男性では2人に1人、女性では5人に1人の割合に達しています。

生活習慣病の死亡原因は約6割!?

現在、高齢化の急速な進展に伴い、疾病全体に占めるがん、虚血性心疾患、脳血管疾患、糖尿病等の生活習慣病の割合が増加傾向です。そして、死亡原因でも生活習慣病が約6割を占めている状況です。
このような中で、私たちが生涯にわたって生活の質(QOL)の維持・向上のために、糖尿病、高血圧症、脂質異常症の発症、あるいは重症化や合併症への進行の予防に重点を置いた取り組みが重要といえます。

お腹周りが増えてきたら…

「ぽっこりお腹」「去年のズボンがきつい…」方は危険信号です!
お腹の臓器の周りにたまった脂肪、内臓脂肪を放っておくと、高血圧や糖尿病・高脂血症(脂質異常症)などの生活習慣病を発症してしまいます。
さらに、それぞれの危険因子がまだ病気でない軽度の状態であっても重なることで、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症)や脳血管疾患(脳梗塞など)といった命にかかわる病気を引き起こす危険が高くなります。

生活習慣の改善が予防につながる

生活習慣が引き金になる病気ということは、つまり生活習慣を改善すれば改善が期待できる病気ということです。
さらには、内臓脂肪を減らせば病気のリスクを減らすことができるので、結果的にダイエットにつながります。
治療については生活習慣やライフスタイル改善する事から始まります。食事の取り方、内容、運動の種類や量、嗜好品(たばこやお酒)、睡眠時間、ストレス管理に至るまで幅広く考えていく事で効果的に進める事ができます。
当院では、保健師による丁寧な保健指導を行っております。保健師と生活習慣の振り返り・見直し等を行い、改善できそうなポイントを一緒に考えます。個々の患者様にとって取り組みやすい食事療法や栄養指導、運動療法のアドバイスを具体的に行うので、一人ひとりに合った健康づくりの支援を受けられます。

 
 

関連記事

  1. 知らなかった!タバコに含まれる有害物質(*_*)

  2. 保健指導って何?