保健指導って何?

保健指導って何?

保健指導とは、病気・ケガの予防をするために、また、病気やけがの症状が重症化しないよう予防するため、日常生活を振り返り、改善できることを一緒に考え、一人ひとりの健康づくりの計画をしていくお時間です。根拠に基づいた、正しい情報をもとに、保健師の提案の中から日常生活の中でできることを一緒に考え、徐々にご自身でその取り組みができるようにするためのお手伝いをします。

生活習慣病とは

かつて成人病と呼ばれていた生活習慣病は、名前の通り日頃の生活習慣により体に何らかの負荷がかかり病気を発症するものです。生活習慣だけでなく、環境や遺伝的な要因も複雑に関与して います。しかし、そのなかで最も関わりの深いのは、やはり生活習慣です。具体的には高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症・痛風といった慢性疾患のことをいいます。
生活習慣病を放置すると動脈硬化が進行します。生活習慣病は無症状なものが多いですが、病気が進むと様々な合併症を引き起こします。
特に心臓病、脳卒中、大動脈の病気、腎臓病などの重篤な病気のリスクが高まります。

生活習慣病の原因

もともとその病気になりやすい遺伝的な体質に加えて、食べ過ぎや飲み過ぎ、食不規則な食事・生活、運動不足、喫煙などです。

 

関連記事

  1. 知らなかった!タバコに含まれる有害物質(*_*)

  2. メタボリックシンドロームって何?