下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは?

足の静脈には心臓に血液を戻す時、逆流しないように “弁” がついています。
この弁が壊れてしまうと、血液の逆流が起こり、静脈に血液が溜まって膨れや蛇行・コブができます。
これが【下肢静脈瘤】です!

はじめのうちは静脈が太くなり、目立つだけですが、ひどくなると脚がむくむ、重く感じる、疲れやすい、寝ている時に足がつるなどの症状が出現します。さらに進行すると、皮膚が茶色に変色したり、湿疹や皮膚に穴があく潰瘍などの皮膚炎がおこります。

静脈瘤になりやすい方

下肢静脈瘤は長時間の立ち仕事に従事する人にも多く見られます。さらに、遺伝性もあるため、親兄弟に静脈瘤の方がいる場合も要注意です。また妊娠・出産をキッカケにして出来ることもあります。

下肢静脈瘤は良性の病気なので、命にかかわったり、心臓・その他の臓器に影響がでることもなく、手足に障害が残る心配はありません。ただし、放っておいても自然に治るものではないため外見が気になる、脚の症状があって困っている・辛いなど、日常生活に支障を感じたら、専門医の診療を受け、治療を考えてみてください。

治療が必要な方

1.外見が気になる方(温泉やプールなどに行けない、スカートを履けない)

2.症状がつらい方

3.静脈瘤による皮膚炎や潰瘍形成がある方

下肢静脈瘤のおもな治療法

1.保存的治療:生活習慣の改善、弾性ストッキングの使用にて症状の改善、進行を防ぐ

2.硬化療法:注射で静脈内に直接硬化剤を投与する治療法

3.手術療法:高位結紮術、ストリッピング術。

高位結紮術は局所麻酔でできますが、再発が多いです。ストリッピング術は、静脈を抜き去る時に強い痛みがあるので、全身麻酔もしくは下半身の麻酔にて行われます。このため、3日から1週間程度の入院が必要となることが多いです。また出血や皮下出血なども多く、術後の傷も他の治療法と比べ、大きいです。

4.血管内治療:レーザーやラジオ波を用いて行う治療です。

局所麻酔と静脈麻酔で行うため、当日に帰宅することが可能です。また、レーザーやラジオ波のカテーテルを挿入する部位に小さな傷(2.3mm程度)ができるのみです。

治療法の比較(片足のみの治療費となります)

治療法 保険 治療費(3割) 静脈瘤のタイプ
保存的治療 3,000 ~ 5,000円 軽症例、術後の再発予防
硬化療法 約5,000円 くもの巣状、網目状、側枝型
手術療法 約4万円 伏在型
血管内治療 約5万円 伏在型
治療法 麻酔 入院
手術療法 全身または下半身の麻酔  3日から1週間
血管内治療 局所 + 静脈麻酔 ×(日帰り) ほとんど無

血管内レーザー治療は2011年1月より保険適用となりました。
ただし、
●薬事認可されたレーザーがある
●レーザー治療の専門医がいる
上記の病院でのみ保険診療で行うことができます。

血管内治療とは?

手術・検査などに伴う痛み、発熱・出血などをできるだけ少なくする治療法です。身体に対する侵襲度が低い医療機器を用いた診断・治療のことで、患者の負担が少なく、回復も早いと言われています。静脈瘤の治療に関しては、日帰りで治療することができます。